インターネットの出会いというのは、距離は関係ありません。
18禁の出会い
ですから出会いSNSを利用する人たちは、全国各地にいるのです。
人によっては、地元から離れた地域の職場や学校に行く人達も多いことでしょうし、大都市に憧れ地元を離れる男女もいると思います。

このように出会いSNSでセフれ探しをしたいのであれば、相手の住んでいる地域の情報を頭にいれることで、出会いの確率をアップすることができます。
例えば田舎に住んでいる人であれば、同級生などの多くは進学や就職で地元を離れて都会に移住し、若い同年代の人たちの割合が減っていることでしょう。

これは男性にかぎらず女性でも同じことが言えます。

女性であれば、家庭環境から地元の小さな会社に努めて、残るという人もいるからです。
同年代の人たちが少なければ、自然と出会いのチャンスも少なくなるのではないでしょうか?
だからこそ出会いSNSで、新しい出会いにチャレンジしているのでしょう。

ここで問題になるのが、出会いSNSを利用するには年齢制限が有るということです。
もしも若い人が好みということであれば、出会いSNSの検索で希望の年齢で検索をかければ候補者が出てきます。

そこでメールのやり取りで仲良くなることができれば、恋人やセフれ関係になることだって簡単です。
しかしここで問題になるのが、本当に相手は年齢を偽っていないかということです。
出会いSNSには、法律で禁止されている18歳未満の少女が絶対に居ないとは言い切れません。

ですから相手のプロフィールやメール内容をしっかり読み、年齢に関してだけは気をつけなければいけません。
いくら相手が、嘘をついていたからとっても、18歳未満の少女と出会ってしまうと、法律(主に青少年保護条例)を犯してしまうことになるからです。

あなたの希望で、未成年者とコミュニケーションを取りたいと考えるのであれば、メル友関係やLINEなどでやり取りをする程度にしてください。
出会いSNSで17歳の女子高生を求めるのは危険ということを認識しましょう。